月9より、日9

思うにトレンディー枠である月9。 ターゲットとする年齢層も、狭いことが多いのだろうな。 2001年には4本中3本観ていたけれど、 ここんとこ1年に1本くらいしか観ず、 後はただ、見るともなく流しているか、全く見ないかだ。 日曜9時の「日曜劇場」の方が、 毎週欠かさず観ているものが多いな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨイトマケ

『母ちゃんのためなら エンヤコラ』 地元の病院の待合室で母の心臓が一時停止し、 緊急手術をするため医大病院まで搬送される救急車に 一緒に乗りこんでから、 二人三脚の闘病生活が始まった。 母が彼岸へ旅立つ1年2か月1週間後まで、 しょっちゅう遅刻・早退・半休・全休を繰り返し、 同僚には大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸

母さんの、夢をみた。 とろとろと、二度寝をした時に。 私の部屋に、母さんが住むことになって、 玄関の梁のところへ、スカーフをかけている母さん。 部屋へ戻ると、もう一人腰かけている。 前に回って顔を見ると、お祖母ちゃんだった。 とても幸せに目覚めることができた。 彼岸の贈りものだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの日

2013/03/10 私は、その場所にいたわけではなく、 辛い思い、哀しい思いをしていない。 どれだけ大変だったかを、映像や文章で知るしかない。 どんなに想像力を総動員したとしても、わかりえる筈がない。 ぬくぬくとしていた私には、あの日のことを語る資格など、ないのだ。 だから、私は、私のあの日を、書く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レビューベタ褒め映画~『孤高のメス』

2010/06/07 注:田宮 二郎ではありません。   (友人の二人が同じ勘違いをしていた。『白い巨塔』と。    わからないでもない。) 『孤高のメス』を公開日に観る。 冒頭の 生瀬 勝久が行う手術シーンには目をそらしてしまったが、 堤 真一が演じているというより、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャッターチャンスは突然に

2009/10/23 石川県小松市まで、父の付き添い旅行をした。 千歳空港を飛び立ち、水平飛行になってから間もなくのこと。 一面の流氷のような雲が、飛行機の窓の向こうに広がっていた。 デジカメを取り出す間も変化しない雄大な景観を、しばし楽しめた。 帰りは、上に青空、白い雲、グレーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生、ブラボー!

2013/03/03 邦題も、やるねぇ。 原題『STARBUCK』だけ見ても、 珈琲が呑みたくなるくらいで食指が動かないもの。 この邦題を見ると、 なんだか観たら楽しくなりそうな予感がするではないか。 稲垣吾郎氏が褒めていたこともあり、期待満々で観に行った。 うむ、荒唐無稽な、良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邦題って・・・

2013/02/24 『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』を観てきた。 (原題はTHE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL) 内容からして、 マリーゴールド・ホテルへようこそ、とでもした方がよくはないか? どうにも小うるさい観客である。 人生の終盤を移住先で送ろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マイレージ、マイライフ』『フィリップ、きみを愛してる』

2010/03/27 ほどよい疲れは眠気を誘うが、 頭だけ疲れると、なかなかスイッチが切れずに安眠できないことがある。 で、スイッチ切り替え、安眠対策のため、 木曜レディース1,000円ということもあり、 くったくたのままたどり着いた映画館。 時間まで座っていようと沈んだソファで、 クッキーを頬張る、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は愛妻家

2010/02/01 うっかりしていたら、この年齢にしてなお別居の未婚の子を継続中であるところの私が、 夫婦モノを観に行くのはどうか、という躊躇もあったが、 映画『きらきらひかる』で、江國 香織 ワールドを損なうことなく演じてくれた、 トヨエツと薬師丸 ひろ子がまたしても夫婦役を演じるのなら、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カッコ良いにもほどがある

2010/02/27 『GEKI×CINE 蜉蝣峠』を観た。 劇団☆新感線の〈いのうえ歌舞伎〉が映画館のスクリーンで観られるのである。 料金は2,500円と、映画よりは高い。 しかし、2,500円の価値は十分にあった。 いや、十二分である。2,500円で良いのか感まで残る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R15+

2013/02/04 映画『テッド』を観る前に、友人から 「何故にR指定なのか」と問われ、 「恐らくPG指定でないのは、暴力シーンがあるとかではなく、 ドラッグと思うなぁ」と、和食レストラン「とんでん」 で熱く「テッド」を語る「テンドウ」であった。 予想通りというか、予想を上回るドラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『サイドウェイズ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』

2009/11/09 TV『王様のブランチ』で、LiLiCoがお勧めする映画は、 私にとって、はずれがない。 映画にも相性があるから、同じタイプの映画が好きなのだろう。 『サイドウェイズ』 アラフォー映画と言われているが、 使われている音楽や、キャストを見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more